開発者 灰谷孝ブログ

ただいま絶賛発達中【世界は変えることができると信じる能力】

頑張れば労われるんやったら、
そしたら安倍さんより発達障害を持つ子どもを労おう。
 
教育という名の下に無益な頑張りを押し付けられる子どもたち。
子どもに発達押し付ける前に、大人が頑張り方を変えよう。
 
体悪くして休みなく働くのがえらいんやったら、
そしたら安倍さんより発達障害の子どもの方がえらいな。
世間体が大事な大人にマスク着用を諭され学校に通う子どもたちね。
 
苦しい苦しいって訴えてるのにマスクで口塞いでやらせるって拷問か?
身体発達途上の子どもにマスクを常時強制するって、虐待やで。
 
立身出世が称えられるんやったら、
秋田のおっちゃんより発達障害の子どものほうが尊敬に値するな。
偏見と差別にあふれる環境で立ち続ける子どもたちね。
差別だらけの社会の中でも子どもたちは毎日新しい世界を見つけてるよ。
 
親は教師の言うことをきき
教師は教育委員会の言うことをきき
教育委員会は医師の言うことをきき
医師は製薬会社の言うことをきく
 
薬で治るでもないのに、薬を飲まされる子どもたち。
責任をとらない製薬会社が作った薬を親に強要する政治と
子どもに摂取させるしかない追い詰められ麻痺した思考
不安を先取りして「子どものために」を連呼する大人
恐怖というリズムで「みんなやってる」をヘビロテする社会
ブルーライト(380-500)が身体を悪くすると宣伝する会社が
バイオレットライト(360-400)で近視を抑制できると宣伝する二枚舌。
 
派遣労働という、人間を「駒」化する仕組みをありがたがる大企業と
それを後押しする政治家、手軽な働き方を選ぶ人たち
一部の人間が潤う大企業の論理を守るために仮面をかぶる政治と、全く情報が更新されない非科学的な医療、うすっぺらメディアに洗脳されているなんて、まっぴらごめんじゃない?
 
政治にも学校にも医療にも新聞にも答えはない。
目の前の、今目の前にいる子どもが答えを教えてくれている。
子どもの知性と大人の感覚で動けたら、世界はもっと良くなる。
 
非常事態でも、人は人らしく人を思いやることができるのか?
 
子どもの知性を信じよう。
好奇心に溢れていて人の役に立つことが好きな子どもには
生まれつき知性が宿っている。
大人も子どものように考えよう。
子どもとは決断の早い人間のことをいう。
自分の中のある感性を信じよう。
子どもを先に食べさせることができる人間を大人という。
愛は、もうあなたの中にある。
自殺の少ないコミュニティの特徴の一つは「自分の行動によって世界は変えることができる」という根拠なき自信だったそうだ。
ゴミのポイ捨てはなくならないが、ゴミを拾う人が増えると世界は美しくなる、というゲームにあなたも参加して欲しい。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。